×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


過去のその他のニュース


[お詫び]   1月18日

15日付けの天気予報に表現があいまいな点があったことをお詫びいたします。

[新聞小説]   1月15日

北海道の東海上で台風並みに発達した低気圧の影響で、日本列島は大荒れになったはずだ。ぼくはそう信じている。


[オフレポ?]   10月14日

神奈川県川崎市のエポックなかはら(中原会館)で腹筋がよじれた31名の変死体が発見された事件で、神奈川県警は14日、付近でドクターペッパーを買い漁っていたネット芸人・和泉野由容疑者を笑殺の疑いで逮捕した。
和泉容疑者の自宅からは、凶器になったと見られるスケッチブックや面雀牌、事件現場を映したビデオテープなどが発見されており、周到に計画された犯行であると見られる。
捜査によると、和泉容疑者はインターネットを使って31名の被害者を巧みに殺害地点に誘導し、「面雀」「大喜利トーナメント」「生3おん3」などの手段で、7時間かけてじっくりと全員を笑殺せしめたとのこと。
和泉容疑者は取り調べには素直に応じており、「大変満足だった。今度は笑殺される側になってみたい」などとドクターペッパーを飲みつつ話しているという。

[新聞小説]   2003年10月5日

第105話

米大リーグ、プレーオフは5日、各地で3試合を行い、ツインズ対ヤンキースの第4戦はヤンキースが8-1で快勝し、3勝1敗で2年ぶり11度目のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めたように見えた。しかしそのときジェニファーは・・・

(続く)

[解説]   9月30日

[タリバン]

アフガニスタンであんみつ作りを楽しむ主婦の勢力。アラビア語で「甘党」の意。
そのあんみつ作りの腕は、京都の老舗甘味店の料理人をもしのぐとされている。
「世界は、あんみつにより始まり、あんみつにより1つになる」という古来からのあんみつ絶対思想を強く世界に訴えているが、スペイン系のエスニック料理、または四川料理を好む地域などでは根強い反発も起きている。
なお、同組織内では現在、伝統的な「みつ豆非容認派」と、革新的な「みつ豆容認派」に分裂する傾向が見られており、連日カンダハルのキッチンスタジアムで、両派による激しい料理バトルが起きているという。

[解説]   2001年9月11日

[冷戦ごっこ]

最近、関東地方の小学校を中心に静かなブームを呼んでいる遊び。
基本的なルールは、「東」と「西」の2チームに分かれ、全員でにらみ合うというもの。
両チームは、巨大な「水ふうせん」を所持しており、相手が手を出してきた場合には、投げるしぐさをして威嚇することができる。
卒業までに決着がつかないこともしばしばだが、基本的には、東側が給食の平等分配などでもめて、自滅するケースが多いようだ。
来年、初の全国大会が開かれることが決まり、ブームがますます加熱することが予想される。


戻る