×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過去のスポーツニュース

8月25日

アテネオリンピックは、僕の中では閉会式を迎えた。

8月24日
アテネ五輪第12日の24日、政治・外交の決勝が行なわれ、日本の小泉純一郎はアメリカのジョージ・W・ブッシュに3-0のストレート負けを喫したが、日本勢としてはこの種目初の銀メダルを獲得した。
小泉は前半、アメリカ産牛肉のBSE感染問題について激しく攻め立てたが、沖縄米軍基地撤去を含めた安全保障問題に話が及ぶと一気に劣勢になり、最後は財政問題で止めを刺された格好となった。
3位決定戦は、中国の胡錦濤が朝鮮民主主義人民共和国の金正日を圧倒。北朝鮮は、金日成以来12年ぶりのメダル獲得を逃した。

8月23日

アテネ五輪は第11日の23日、戦国時代五種の全種目が行なわれ、日本の北条正宗が世界新記録の936ポイントで金メダルを、毛利義貞が銀メダルを獲得した。
3位にはイギリスのリチャード・アンダーソンが入った。この種目で日本人以外の選手がメダルを獲得したのは史上初。

[戦国時代五種]
火縄銃、流鏑馬、戦術、棒術、切腹の5種目を一日で行い、総ポイントで優勝を争う競技。1種目につき最大で200点。
近年、アラブ系諸国の切腹技術がめざましく向上しており、日本を脅かす存在となりつつある。

8月22日

アテネ五輪第10日の22日、陸上女子マラソンが日本時間23日午前0時にスタート。
野口みずき(グローバリー)坂本直子(天満屋)土佐礼子(三井住友海上)杉田かおる(ビーフェイス)山田花子(吉本興業)西村知美(芸映)がゴールのアテネ武道館目指してひた走る!
徳光和夫から涙の金メダルを受け取るのは果たして誰か!注目だ。

8月21日

アテネ五輪は第8日の20日、競泳の女子800メートル自由形で柴田亜衣が金メダイを獲得した。
今大会の日本の金メダイは12匹となり、84年のロサンゼルス五輪の10匹以来の大漁となった。
今回のオリンピックに使われている金メダイはギリシャの近海もので、身がコリコリして非常に美味であるとのことだ。


(写真)競泳女子800メートル自由形表彰式で金メダイを胸に、喜ぶ柴田亜衣(20日、アテネ)

8月20日

(お詫び)本日のアテネオリンピックは、作者急病のためお休みさせていただきます。
明日以降の白熱した展開にご期待ください!

8月18日

アテネオリンピックは18日男子ラジオ体操団体の決勝を行い、ラジオ体操第1で29.22、第2で29.35の高得点を叩き出した日本が、20年ぶりの金メダルを獲得した。
日本は、エースの坪井康治(NHK東京)がラジオ体操第一でスーパーE難度の「エラ深呼吸」を、池田晃二(NHK東京)が同じくスーパーE難度の「新月面体をねじる運動宙返り」を成功させるなど豪快な演技を披露。2位以下を寄せ付けず、「ラジオ体操ニッポン」の復活を見事に果たした。

8月16日

アテネオリンピックは16日、競泳の男子200m不自由形決勝を行い、日本の松尾学が30分25秒で優勝、金メダルを獲得した。
去年の世界選手権覇者・マイケル・ジョーンズ(アメリカ)は、両足の縄抜けに手間取り、1時間2分5秒の5位に終わった。

<競泳・不自由形>
両手両足縛り、目隠し、30秒ごとに頭を締め付ける金具などを取り付けて行なう競技。
不自由度の設定は、競技委員にゆだねられているため、その性格次第では阿鼻叫喚の地獄と化す。

8月15日

あるあるネタ 男子 決勝

1位 パピオケ・カローニオ(ジンバブエ) 27.0ポイント
草原でライオンと対峙した時にかぎって、トイレに行きたくなる
10.0 8.5 3.5 1.5 3.5

2位 ムハマド・ジョハー(バーレーン) 23.0ポイント
メッカに礼拝しているところを彼女に見られて、慌てて言い訳
5.5 10.0 4.5 1.0 2.0

3位 服部幸雄(日本) 22.5ポイント
消しゴムの角使ったぐらいで怒るなよ
1.5 2.0 5.0 6.5 7.5

(ネタ下の数字は各国審査員の採点 左から南アフリカ、UAE、フランス、アメリカ 日本)

7月14日

野球のアテネオリンピック日本代表・長嶋ジャパンと、サッカーのA代表・ジーコジャパンが、壮行試合とキリンカップを兼ねて14日、対戦した。

長嶋ジャパンは前半15分に外野陣のモールから左サイドの内野陣へと展開して先制トライをゲット。
しかし第1クォーター25分にジーコジャパンが司令塔中村からフォワードの柳沢に50ヤードの長ロングパスを通してタッチダウンを返した。
対して、長嶋ジャパンは第2ピリオド、反則で1人少なくなったジーコジャパンに対してパワープレイのチャンスを逃がさずに2点目を獲得。
さらに17番ホールで城島が9mのバーディーパットを見事に沈めてリードを2ストローク差と広げた。
終了間際、ジーコジャパンはミッドフィルダー福西が相手のサービスゲームをブレイクするなど猛追を見せたが、結局長嶋ジャパンがジーコジャパンを寄り切りで下して4場所連続の全勝優勝を飾った。

第2戦は明日、全国の東宝系映画館で午後6時から全国一斉にロードショーの予定だ。

5月27日

第71回日本ダービーの出走馬18頭の枠順が27日、発表された。今年は例年にないハイレベルの戦い。皐月賞馬ダイワメジャーは4番枠、同2着で地方競馬初のクラシック制覇に燃えるコスモバルクが9番枠に入った。
なお、今年から出走が可能になった人間組では、人気番組「笑点」の司会でお馴染みの三遊亭円楽が2番枠に、元横浜ベイスターズの駒田徳広は8番枠に入り、悲願の人間初制覇を狙う。

3月15日

Jリーグ1stステージは13日開幕し、FC東京の優勝で閉幕した。
今期のJリーグは「バトルロイヤル方式」を採用。16チームが16のゴールを目指して所狭しと暴れまわった。
1勝0敗で8チームが並んだが、FC東京が38ゴール、22失点の得失点差16で、2位の浦和レッズを押さえて初の栄冠に輝いた。
2ndステージは9月に「ワンナイトトーナメント方式」で開幕の予定。

2月7日

読売ジャイアンツの球団事務所に6日、堀内恒夫監督兼登攀隊長をはじめとする巨人の一軍選手全員がエベレストの標高6500m地点にあるC3へのキャンプインに成功したとの連絡が入った。
今のところ燃料、食料の不安なども無く、今後のトレーニングに不安は無いとのことで、すでに高橋由伸を中心とする野手陣は素振りやキャッチボールなどの基本的な練習を開始しているとのこと。
なお巨人の三山球団代表は今日の記者会見で、ネパール人のシェルパ、マクティームさん(25歳)と年棒500万円の1年契約で合意したと発表。「驚異的なスタミナで野球界に旋風を巻き起こすだろう」と語り、期待の大きさをうかがわせた。


2月3日

第38回スーパーボールは1日、ヒューストンで行われ、SKR社が自社製の22mmスーパーボールで
5回目に高さ18m58の世界最高記録を記録して初優勝を飾った。

(写真上)自社製スーパーボールを思い切り床に叩きつけるSKR社・服部幸雄選手
(写真中)見事な弾みを見せるSKR社製スーパーボール
(写真下)床に思い切り叩きつけて戻ってきたボールがアゴにクリーンヒットし、グロッキー状態のKJS社安藤選手

2004年1月25日

スキー・ジャンプワールドカップ第15戦は24日、札幌の大倉山ジャンプ上でミニマムヒル(K点=5m)が行われ、1回目2位のロアル・ヨケルソイ(ノルウェー)が2回目に5m55のバッケンレコードを記録し優勝、今季3勝目を挙げた。
日本勢は東輝が1回目に5m27を記録し今期自己最高の7位、葛西紀明は8位だった。
期待されたエースの服部幸雄は1回目27mmの失敗ジャンプを喫し、53位に終わった。

11月22日

日本ちゃぶ台返し選手権の決勝戦が21日、代々木第一体育館で行われ、新鋭、服部幸雄選手(21)が同大会八連覇を目指していた浦田信介選手(52)を僅差で下し、初出場で初優勝の快挙を成し遂げた。
服部選手は2投目で「ちゃぶ台閉脚5回宙返り2回ひねり味噌汁内豆腐形状維持」というE難度の大技を披露。浦田選手は3投目の「ちゃぶ台開脚900°インディグラブおかわり自由」の着地で、ご飯茶碗にヒビが入ったのが悔やまれた。
今大会は若手の急成長が目覚ましく、準決勝に進んだ4選手のうち3人までが20代と、世代交代が急速に進んでおり、「ガンコ親父の祭典」は路線変更の岐路に立たされることとなった。

11月14

武蔵丸黒星先行――大相撲九州場所5日目、横綱武蔵丸は玉の島に送り迎えで敗れ、2勝3敗と後がない状態になった。


決まり手解説[送り迎え]

その名の通り相手力士を朝夕と国技館まで送り迎えする大技で、古くは江戸時代に2頭の馬を使って送り迎えをした、当時の関脇赤潮の得意技として知られている。

10月10日

鬼ごっこ世界選手権の第3戦は9日、ネパールで行われ、日本の服部幸雄選手が規定の48時間を全参加選手10人中唯一逃げ切り、初優勝を飾った。服部選手は、スタートしてすぐにエベレストを登りはじめ、12時間後に頂上までたどり着き、付近の岩陰で時間までじっと座り込んでいたという。
なお、スタート前のジャンケンにより鬼に決まったイギリスのK..ファロン選手は、スタートから36時間後に9人目を捕まえたという無線連絡がオフィシャルに入ったのを最後に連絡が途絶えており、安否が心配される。

服部選手のコメント
(終了直後に高山病そのほかにより病院に連れ込まれ、コメント取れず)

8月21日

サッカーの国際親善試合、日本代表-ナイジェリア代表は20日、東京・国立競技場で行われ、3-0でどっちかが快勝した。
警視庁は特別捜査本部を設置して、2000人体制で観客や報道関係者から試合結果の聞き込みを開始しており、いまのところはナイジェリアが多少優勢の模様だ。

6月6日

大リーグ通算505本塁打をマークしているサミー・ソーサ外野手(カブス)が、3日のシカゴでのデビルレイズ戦の一回、芯にコルクを詰めた違法なバットを使っていたとして、退場処分を受けた。コルクの体積はバット全体の体積の102%に及び、ソーサ側は「コルクに木を詰めていただけで、違法性は無い」と主張しているという。

5月25日

米大リーグ、レッドソックスの服部幸雄選手は24日、ブレーブス戦に「1番・二塁手」「2番・中堅」「3番・一塁手」「4番・左翼」「5番・右翼」「6番・遊撃手」「7番・三塁手」「8番・捕手」「9番・投手」で先発出場、本塁打3本打を含む40打数12安打とまさに八面六臂の活躍で、ブレーブスを10―7で下した。

勝利投手 服部  22勝26敗
敗戦投手 服部  32勝16敗
セーブ   服部  2敗12セーブ

本塁打
レッドソックス 服部(ソロ・68号) 服部(ソロ・69号) 服部(ツーラン・70号) 服部(ソロ・71号)
ブレーブス 服部(スリーラン・78号)

3月21日

第75回選抜高校野球大会の開会式のリハーサルが21日、甲子園球場で行われた。今大会の行進曲、エレファントカシマシの「奴隷天国」のメロディーに乗って、午前10時から入場行進。出場34校が半狂乱で場内を1〜6周した。
午後からは一回戦全試合のリハーサルが行なわれ、プレーのタイミングなどを確認。第3試合の4回裏に予定されているトリプルプレーなどにやや不安な点も覗かせたが、その他はほぼ順調な仕上がりを見せた。

3月7日

サッカー・Jリーグの得点結果を予想する「toto GOAL(トトゴール)」が8日から実施される。指定5試合の得点を「0点」「1点」「2点」「3000点」の4通りで予想。はらたいらさんがゴールを決めれば高配当も期待できる。

2003年2月9日

自動車レースF1のフェラーリは7日、チームの拠点であるイタリアで03年型マシン「F2003―GA」を発表した。このマシンには、最新の素材として「イナバモノオキ・モノコック」が採用されており、最高100人までの乗車が可能となる。
さらに、フェラーリチームはピットクルーに村上ショージ氏を迎え、無線を通じてドライバーに常時ホットなギャグを提供するなど、メンタル面のサポート体制も万全に整え、今シーズンも他チームの追随を許さないかまえだ。

10月26日

米メジャーリーグのワールドシリーズは24日、サンフランシスコでジャイアンツ―エンゼルスの第5戦が行われた。
その結果、ジャイアンツが16―4で大勝し、対戦成績を3勝2敗として、ワールドシリーズ制覇に王手をかけたため、エンゼルスはすかさず「待った」を宣言し、第5戦は無効試合となった。

[「待った」制度]
シリーズ中、両チーム各1回ずつだけ宣言が可能。宣言すると、その直前の試合を無かったことにすることができる。
ただし、宣言を行なったチームは、その後の試合において以下の制限を受ける。

・スターティングメンバーを前日に予告する
・選手交代は3人まで
・フォースアウト無し
・キャッチャーはジェイソンマスク着用
・3塁コーチはアイマスク着用
・リリーフカー搭乗禁止

8月29日

イングランド・フルハムでプレーする稲本潤一選手は、ロンドンで27日行われたインタートト杯決勝で、ハットトリックを達成した。
しかしチームは、フルハム3−0で試合終了間際の後半ロスタイム、相手チーム・ボローニャ(イタリア)に決められたゴールが4点と認められ、執拗な抗議も空しく3−4で敗北した。

なお主審は、ボローニャのゴールを4点とした事について、「日本のバラエティ番組が大好きで、そこからヒントを得たんだ。いい考えだろう?」と、詰め寄る報道陣に対して終始ご満悦の様子だった。

8月17日

プロ野球パ・リーグの西武ライオンズに今日、優勝マジック「34」が点灯したが、そのまま付けっぱなしだったため、でんこちゃんに「電気を大切にネ!」と怒られる一幕があった。

8月11日

10日、オーストラリア・シドニーで、オーストラリア国際陸上選手権が行なわれ、日本の期待・服部幸雄選手が男子・投げやりに出場した。

服部選手は、1回目の試技で「調子?まあまあじゃない。」と、得意の投げやりなコメントで勝負した。しかし得点は伸びず、1回目は10位どまり
そして迎えた2回目。服部選手は「『レンジで温めて食べてください』と書かれた紙をテーブルの上に置いて就寝」というハイパフォーマンスを披露。夫婦関係に問題のあったロシアの審判員のツボにはまったこともあり、日本人初の4位入賞を果たした。

[投げやり]
陸上競技唯一の採点種目。
競技者がとる投げやりな態度を、3人〜100人からなる審判員が、0点から10000点の範囲で投げやりに判定し、最終的にはあみだクジで順位を決定する。
日本での競技人口は1人。

7月22日

大相撲の関脇朝青竜の大関昇進が21日、サイコロの結果決まった。

6月17日

サッカーW杯は16日、決勝トーナメント1回戦のスペイン対アイルランド戦が行われたが、前後半90分、延長戦を行なっても決着がつかず、決着は両国の外相会談に持ち込まれた。
しかしこの話し合いでも決着はつかず、首脳会談にまでもつれる大混戦。
最後はスペインのアスナール首相が、アイルランドのマッカリース大統領の女性問題を盾にとり、マッカリース大統領の降伏を誘い、勝利を収めた。

6月5日

サッカーワールドカップは4日、1次リーグH組の日本はベルギーと対戦、2―2で引き分けた。日本はW杯で初の勝ち点1を獲得した。
勝ち点が通算で5点貯まると、ワールドカップ特製ハンドタオルとの交換が可能。当面はその辺りが日本代表の目標になる。

なお、勝ち点が通算で2000点を越えると国連の常任理事国入り、10000点を超えると核ミサイル10本プレゼントなど、豪華な特典がついてくる。

5月2日

26日のヤンキース戦で左ひざを故障していたマリナーズのイチロー選手は、シアトル市内の修理工場での応急修理を終え、1日のホワイトソックス戦で4打数2安打と、見事な復帰を果たした。

修理を担当した工場長によると、負傷した左ひざのジョイント部分の部品がちょうど在庫切れであったために、右ひざ用の部品で代用しているとのことで、そのため、イチロー選手の能力値は、打撃力が20、走力が46、守備力が35ほど落ちているという。

4月7日

阪神タイガースは6日のヤクルト戦に3−1で勝ち、開幕から7連勝としたが、福田官房長官は記者会見で、政府としてはこの事態を認められないという方針を明らかにした。
また、アメリカ国務省の情報筋によると、ブッシュ大統領がだいぶおかんむりの様子であることを明らかにした上で「これ以上連勝するようなことがあれば、経済制裁もやむを得ない」と牽制を強めていると言う。
さらに、イスラム、アジア諸国からの反発も必至の情勢となっており、星野監督は開幕早々、岐路に立たされることとなった。

3月25日

第74回選抜高校野球盤大会は25日、兵庫県の甲子園球場で開幕する。
今大会からは、ヒットゾーンの量が大幅に増え、さらに消える魔球の投球制限(打者1人に対して1球まで)が加わり、打高投低の激しい乱打戦が予想される。

なお、主催のエポック社は、ここ最近の野球盤の売上不振を理由に今大会を最後に主催の座を降りることを発表しており、夏以降の大会自体の動向が注目される。

3月5日

F1の今季開幕戦オーストラリアGPは3日、決勝が行なわれ、前年度王者ミハエル・シューマッハー(フェラーリ)が優勝、通算54勝目を挙げた。
今季から参戦したタカラのチョロQ・STD08を駆ったミカ・サロ(フィンランド)は6位。ルーキーの服部幸雄は12周めでドロップアウトを宣言し、リタイアとなったが賞金10万円を手にした。

2月26日

21世紀最初の五輪、第19回ソルトレーク冬季五輪は24日、閉会式がおこなわれ、会場では最後の種目として、メダル獲得者がそのメダルと引き換え(注・下記参照)にしてダーツを投げ、豪華賞品を狙う「ビッグチャレンジ」がおこなわれた。

日本勢では、スピードスケートで銀メダルを獲得した清水宏保が、1投目で便所ブラシ、2投目で銅メダルを獲得。
モーグルで銅メダルを獲得した里谷多英は、次回トリノオリンピックの優先出場権を獲得した。
なお、男子ショートトラック1000mで奇跡の金メダルを獲得したスティーブン・ブラッドバリー(豪)は、その勢いを生かし、見事にロールスロイス2台とプラチナメダル獲得。今大会での強運っぷりをいかんなく発揮した。

なお、競技中にロシアの選手団から、「アメリカの選手が投げるときは的の回転が遅くなっている」というクレームがついたが、審判団はこの疑惑をやんわりと否定。またもや後味の悪い結果となった。


(注)金メダル・・・ダーツ3本  銀メダル・・・ダーツ2本  銅メダル・・・ダーツ1本

2月16日

ソルトレークシティーオリンピック大会第7日は14日(日本時間15日)、当地で、男子裸祭り・団体が行なわれ、日本の服部、安藤、黒田組が、悲願の金メダルを獲得した。

日本チームは12日のショートプログラムで、大技「裸みこし」を見事に決め、1位で初日を終えると、今日行なわれたフリーでも、生まれたままの清浄無垢な姿を見事に表現し、プレゼンテーション(表現力)で10点満点を連発。
安定した強さを見せ、日本に初めての金メダルをもたらした。

なお、メダル争い以外にも様々なことが期待される女子裸祭り・団体は17日に行なわれる予定。

2002年1月13日

自動車レースの第24回パリ・ダカールラリーは、第1ステージ(競技区間102キロ)を行い、耕運機部門(改造可)ではJA新潟所属のお米農家(二種兼業)、服部幸雄選手が3時間25分2秒のタイムで1位を獲得した。
なお、後続の一般車部門、二輪車部門は、先行した耕運機に耕された道路にタイヤを取られて動きが取れなくなり、全車リタイヤとなった。

12月3日

サッカーの第17回ワールドカップの組み合わせ抽選会が1日、洛陽で行われ、倭国はグループリーグで、魏・呉・蜀の中国3国と対戦することが決まった。
倭国は卑弥呼監督のもとで、悲願のワールドカップ初勝利と、グループリーグの突破を目指す。

[対戦国解説]
「魏国」 監督・曹操
司令塔・司馬懿を中心に、夏侯惇、許猪の強力2トップでの攻めのサッカーが特徴。夏候淵、張遼らのスピードのあるサイド攻撃も健在。
さらに荀ケ、郭嘉、程cを中心としたディフェンス陣も強力と、優勝候補と呼ぶにふさわしい陣容。

「呉国」 監督・孫権
太史慈・甘寧・呂蒙など、タレントはそろっているが、いまひとつ決定力に欠けた印象がある。陸遜・周瑜のダブル司令塔がどこまで機能するかが勝負のカギになりそう。
ディフェンスは魯粛を中心に堅い守備を誇っている。雨天での試合には滅法強い。

「蜀国」 監督・劉備
変幻自在な中盤・諸葛亮を中心に、関羽、張飛、超雲らの破壊力のある攻撃力が魅力。反面、スピードに欠けるところがあり、意外なもろさを露呈することも少なくない。
魏延、馬超、姜維など攻撃陣にはタレントがそろっているが、ディフェンスにやや不安があり、諸葛亮が最後尾まで戻って守備に加わることもしばしば。
馬良を始めとするディフェンス陣の奮起が期待される。

11月3日

サッカー、Jリーグの浦和レッズは、チーム名称を「浦和レッドダイアモンドバックス」に改称すると発表した。
これは、アメリカ大リーグでワールドシリーズに進出する活躍を見せている「アリゾナダイアモンドバックス」に便乗したもの。

10月7日

プロ野球セ・リーグは6日、ヤクルト・スワローズが4年ぶり6度目のリーグ優勝を決め、20日からの近鉄との日本シリーズに駒を進めることになった。
日本シリーズの対決スケジュールは以下の通り。
第1戦 大阪ドーム 野球対決
第2戦 大阪ドーム ソフトボール対決
第3戦 神宮球場  キックベース対決
第4戦 神宮球場  三角ベース対決
第5戦 神宮球場 実況パワフルプロ野球対決
第6戦 大阪ドーム ベストプレープロ野球対決
第7戦 大阪ドーム 燃えろ!プロ野球対決
(4戦先取で優勝)

9月25日

サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)パルマは23日、当地でブレシャと対戦し、パルマが1―0で競り勝った。
なお中田英寿選手は、後半15分に「ガッツ」が切れたため無念の途中交代となった。

9月23日

大相撲秋場所は22日、東京・両国国技館で14日目を行い、東前頭2枚目の琴光喜(佐渡ケ嶽部屋)が、千秋楽を待たずに初優勝を飾った。
なお、優勝した琴光喜関は、自身が所有しているパソコンが21日未明に、新種のウイルス「Nimda」に感染したたため、千秋楽は休場する見通し。

琴光喜関の談話「(息切れした様子で)取り組み中もパソコンのことが気になって・・・。明日?。復旧に全力を挙げます。パレードなんかやってられませんよ。」

8月18日

全国高校テロリスト選手権が17日、横浜で開幕した。これから一週間にわたって、全国315の高校による、熱いテロの夏が始まる。

[テロリスト競技概要]
・爆弾テロリスト部門(爆弾作りに必要な化学の知識と、ランドマークタワーを舞台とした実技で争う。)
・国際テロリスト部門(外国テロ組織とのコミュニケーションに必要な言語力、特にアラビア系の言語力が問われる。)
・サイバーテロリスト部門(官公庁のホームページを舞台にした、ハッキング一発勝負。)
・外見テロリスト部門(いかにテロリストっぽい格好ができるかを競う。審査員長はピーコ氏)
・自爆テロリスト部門(今年も中止)

8月16日

米大リーグ・マリナーズのイチローが、レッドソックス戦で、九回の同点打を含む6打数4安打1打点、2盗塁の活躍。
この結果により、イチローの時給は850円から870円に跳ね上がった。

8月12日

 世界陸上選手権第8日は10日、カナダのエドモントンで男子400メートル障害決勝を行い、為末大(23)=法大=が47秒89の日本新記録で銅メダルを獲得した。
なお、この銅メダルは、日本陸連のキャッチアンドリリース規定(メダル資源保護のため、金メダルに育っていないメダルは放流しなければならない)に基づき、河口湖に放流された。

7月19日

18日、夏の高校野球・西東京大会で、優勝候補と目されていた石神井高校が2回戦で姿を消した。
観戦者によると、5回の裏が終了したのとほぼ同時に石神井高校のメンバーの姿が見当たらなくなったという。
警察は、事件に巻きこまれた可能性もあるとして周辺で聞き込みを続けている。

7月15日

WBA(世界ボクシング協会)が独自に調査した結果が14日公表され、ブリーフ派のボクサーが増加している実態が浮き彫りになった。
3年前の調査ではほぼ100%のボクサーがトランクス派だったのに対し、現在ではブリーフ、トランクスの差がほとんどなくなりかけているという。
この結果に従来のトランクス派は「伝統を守るべきだ!」と反発しており、今後WBAは、世界トランクスボクシング協会と世界ブリーフボクシング協会に分かれるのではないかと言う声も出てきているという。

7月1日

マリナーズのイチローは29日(米国時間)、エンゼルス戦に「1番・ライト」で先発出場し、一回にいきなり2安打するなど5打数2安打の活躍で打率を3割5分1厘に伸ばし、ア・リーグ打率トップの座を奪い返した。
なお台本によると、30日のエンゼルス戦では5打数無安打に終わる予定で、再び打率2位に陥落するとのこと。

6月10日

9日夜、京都府嵐山の「民宿嵐山」の304号室で、全日本中学生マクラ投げ選手権の決勝戦が行なわれ、東京都代表の青嵐中学校が、初優勝をおさめた。
3連覇がかかっていた埼玉の大里中学校は、前日の寝不足がたたって惜しくも敗北した。

青嵐中黒田選手のコメント「一日千回の投げ込みはきつかったけど、勝ててよかった・・・」

[マクラ投げ] 十畳一間の空間で行なわれる過酷な格闘技。6人1チームで行なわれ、失神又は「まいった」を宣言すると失格。また、シーツを破った者、ふすまを破いた者も失格となる。
就寝時間のときに残っている人数が多いチームが勝者となる。

6月3日

サッカーのコンフェデレーションズカップ1次リーグで2日、日本は新潟スタジアムでカメルーンを相手に、2―0で勝利をおさめた。、
カメルーン戦での日本の勝利は、「邪馬台国」として出場した、紀元200年に行なわれた古代ローマオリンピック以来。

5月26日

3歳馬の頂点を争う日本ダービー(G1)が27日、東京競馬場で行なわれ、ジャングルポケットが一番人気に応えて優勝した。
今年から出走を許可されたインド象による初のダービー制覇を目指したクロフネは5着、アフリカ像のルゼルは14着に終わった。
なお、この二頭の象が出走した東京競馬場は、芝コースの荒れ具合がひどく、しばらく競馬開催を見合わせることになった。


クロフネ号に騎乗した武豊騎手の談話 
「鼻さえ伸ばしてくれれば勝てたかもしれない。」


5月21日  

米大リーグ、メッツの新庄は20日、ドジャース戦に先発出場し、九回2死一、三塁に、日本人選手初の『前方伸身宙返り一回半ひねり』を放ち、ドジャースにサヨナラ勝ちを呼び込んだ。
決めた瞬間10点満点だとわかる演技に、メッツのバレンタイン監督も「前の打席での『ロンダートからの後転とび、後方伸身2回宙返り』が失敗していただけにどうかと思ったが、最後の演技は素晴らしいの一言だ」と語った。
なお、マリナーズのイチロー選手はヤンキース戦でノーヒットに終わり、連続試合ウルトラE難度記録は23試合でストップした。


(写真) 滑り止めの粉を入念に手につけてバッターボックスへ向かう新庄選手





戻る