×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過去の社会ニュース

9月26日

25日、万博記念公園にそびえ立つ大阪万博のシンボル「太陽の塔」の両目のコンタクトレンズの交換が34年ぶりに行なわれ、視力が両目1.0まで回復した。
太陽の塔は近年、慢性の眼精疲労に悩まされ、夜も眠れない状態が続いていたという。

関係者は「無事に交換が終わってほっとしている。太陽の塔本人からは『カラーコンタクトがいい』という要望もあったが、岡本太郎先生のためだということで納得してくれた。」と感慨深げに語った。

なお、建築家の丹下健三グループは太陽の塔に「メガネを掛けてみてはどうか」と提案したが、やんわりと否定され、34年ぶりのリベンジはならなかった。

6月5日

今年から新たにラインナップに加わった新しい宝くじ、「現実ジャンボ宝くじ」が4日午前、全国一斉に発売された。
ドリームジャンボ宝くじに対抗する宝くじとして、どれだけ売り上げを上げられるかどうかが注目される。

現実ジャンボ宝くじは1枚100円で売り出され、1等が500円、2等が300円、3等が100円となっており、約15分の1の確率で1等が当たると言うこともあって、ローリスク・ローリターンを志向するファンに嬉しい設定となっている。

東京・銀座の宝くじ売り場では、朝から熱心なファンが長蛇の列を作り、出足は上々。
列の先頭に並んでいた練馬区のサラリーマン服部幸雄さん(42)は「なんとか一等を当てて、お昼のラーメンを特盛りにしたい」としみじみと話していた。

5月2日

千葉県浦安市の東京ディズニーランドのシンデレラ城城内で1日、ミッキーマウスら人気キャラクター達で作られる「ディズニーランド労働組合総連合会」とディズニーランドを運営するオリエンタルランドとの団体交渉が行なわましたが、労働条件等が折り合わなかったため、キャラクター側は明日から無期限のストライキに入るとオリエンタルランド側に通告しました。
オリエンタルランド側は「今後の話し合いで早期に結論を出したい」とコメントしています。

交渉は、開園直後から閉園時間までの14時間に渡って行なわれ、シンデレラ城に訪れていた観光客らは人気キャラクター達が怒気を交えて交渉する様子を見て楽しんでいました。
消息筋によると、キャラクター側はベア500円と大型連休中の休暇、さらに、現在妊娠5ヶ月と伝えられているミニーの産休を求めており、交渉は難航しているとのことです。

(radiobrainゲスト放送用書き下ろし)

4月15日

総務省が14日発表した2003年の通信利用動向調査によると、同年末時点でのヒトのインターネット利用者の割合は60・6%に達し、初めて6割を超えた。
なお、インターネット利用率が最も高い生物は前年同様タランチュラで、利用率は99.8%にも及んだ。
網の目状に幾重にも貼られた光ケーブル通信網、通称「クモの巣」に対して、人間界の技術は100年遅れているとされており、今後はこの技術の応用が焦点になると見られている。
東京大学の服部幸雄教授の研究グループでは、一昨年から、人間の口から光ケーブルを吐き出すための実験がおこなわれているが、成果はほとんど上がっておらず、新技術の開発にはまだまだ時間がかかりそうだ。

4月7日

6日午前8時20分ごろ、新潟県三川村小石取の磐越自動車道上りで、走行中の大型トラックのタイヤ1本が脱落した。
事故後、脱落したタイヤを調べた結果、首筋の辺りに争った跡があったことが明らかになり、警察ではトラックに残った7本のタイヤに対して事情聴取を行なうとともに、女性関係のもつれなどがなかったかなどをに関して、トラック販売メーカー及びタイヤメーカー周辺から聞き込みを行なう方針だ。

3月26日

25日夕方頃、東京都西東京市の会社員、服部幸雄さん(42)宅に男が押し入り、夕食の支度をしていた妻の服部節子さん(38)に対して今日の晩ご飯を出せと要求した後に、出された晩ご飯を平らげて逃亡するという事件が発生。警察は強盗の疑いで捜査を進めている。

目撃情報によると犯人は中肉中背の中年男性、大きなしゃもじを抱えていたとのことで、警察では情報提供を呼びかけていく方針だ。

3月7日

6日、タイなどの東南アジア各国に端を発した高病原性の鳥しゃっくりと見られる症状が、京都府の養鶏場に飼育されているニワトリおよそ3万羽から見つかり、保健所の行なった簡易検査の結果、陽性反応が検出された。
この問題を受けて京都府は、感染した鳥が発するしゃっくりによる騒音問題の解決のため、この養鶏場に早急に防音壁を取り付けるように行政指導を行なった。

[鳥しゃっくり]
非常に感染力が強く、半径300km圏内ならいつでもどこでも空気感染の可能性がある奇病。
これに感染した鳥は一定のリズム(8分の3拍子)でしゃっくりを繰り返す。別に死には至らない。
感染した鳥がしゃっくりに飽きたら治る。ヒトへの感染例は不明。

2月1日

今日の夜7時ごろ、東京都新宿区の寿司屋「寿し政」に男が押し入り、店員、客らを店外に出した後、いけすにいた真ダイをはじめとする魚8匹、タコ2匹を人質にとって立て篭もるという事件がありました。
事件後すぐに駆けつけた警察が、店の前で2時間に及ぶ説得を行いましたが、犯人が応じる気配を見せなかったため午後8時30分に強行突入をおこない、4匹目のミナミマグロをさばこうとしていた犯人、服部幸雄容疑者、48歳、無職を殺人の現行犯で逮捕しました。

人質のうち、服部容疑者によってさばかれた3匹の魚はすでに息が無く、服部容疑者のお腹の中でまもなく死亡が確認されました。
突入時にさばかれかけていたミナミマグロは命に別状は無く、業務が再開された後に熟練の職人さんの手によって見事な舟盛りにされて、無事お客さんのお腹の中におさまりました。

服部容疑者は警察の調べに対して「むしゃくしゃして魚がさばきたくなった。下手な包丁捌きで3匹の魚に苦しい思いをさせてしまい、申し訳ないことをしたと思ってる。」と太鼓腹で上機嫌に語っているとのことです。

(ラジヲノセカイ投稿作品)

2004年1月3日

新年をふるさとで過ごす人たちのUターンラッシュは2日にピークを迎え
鉄道各線や高速道路は大勢のキアヌ・リーブスで大混雑となりました。

それでは現在の主な高速道路の情報をお知らせします。
関越自動車道は、上り線・花園インター付近を先頭にハワイ島・ホノルルインターまで8000Kmの渋滞。
この区間の通行には5日と5時間かかっています。
中央自動車道は、上り線・小仏トンネル付近を先頭に陸上自衛隊・中央音楽隊を先頭に30kmの渋滞。
この区間はパレードのため現在時速5km規制となっています。
東名自動車道はおいときまして、東北自動車道では宇都宮インターチェンジ付近で
品川ナンバー「ろ」の13−63の白のカローラ98年式を先頭に20kmの渋滞。
この車を発見した方は、お写真を添えてこちらまでご応募ください。おまちいたしております。

続いて鉄道の情報です。
JR山手線の池袋駅構内で、山手線205系車両が乗客150人に轢かれる事故が発生。
現在、復旧作業を行う業者の入札が行われており、運行再開のめどは立っていません。
東北新幹線では、はやて13号が東京−盛岡間2時間45分の世界新記録をマーク。
全ての停車駅を無視したため、乗客530人に影響が出ました。

以上、交通情報でした。

(radiobrain新春特番用書き下ろし)

2004年1月3日

おととしの12月に起こった、いわゆる「ドッジボールなぶり殺し事件」の上告審が、最高裁判所で開かれ、
リーダー格の服部幸雄被告に対して無期懲役の判決が下りました。
服部被告はこの判決を不服として控訴する方針です。

この事件は、会社の休み時間に行われたドッジボールの最中に、内野に残っていた東京都の会社員・浦田信輔さんを
服部被告らがパスを回し続けてなぶり殺しにしたとされたもので、検察側は
「残虐かつ非道極まりない事件だ」として無期懲役の判決を求めていました。

なお服部被告は、以前にも草野球中に一、二塁間でランナーを挟んでなぶり殺しにしたとして
執行猶予付きの懲役3年の判決を受けています。

(2003年11月15日に書いたものを再構成したものです)

12月9日

8日午後1時15分ごろ、千葉県木更津市のJR久留里線祇園駅に到着した上り電車(2両編成)の運転士(45)が、乗降用ドアが動かないことに気付いた。運転士が確認したところ、乗降用ドア(37)が血を流して倒れているのを発見。すぐに救急車が駆けつけたが、搬送先の木更津厚生病院で息を引き取り、帰らぬ人(ドア)となった。

12月4日

2日、東京ドームでロシアの人気デュオ「t・A・T・u・(タトゥー)」の日本初ライブが、ファンや野次馬など25000人(主催者発表)が参列してしめやかに営まれた。

11月28日

京都府警は27日、西東京市の会社員・服部幸雄容疑者(27)を殺人の疑いで逮捕した。
服部容疑者は取り調べに対して、容疑を全面的に認めているという。

殺害されたのは京都市南区上鳥羽鉾立町任天堂本社在住のマリオさん20歳で、服部容疑者によってかけられた催眠術によって無理やり海を泳がされ、イカに噛まれて亡くなったとのこと。
服部容疑者は「80機まで増やしたので1機ぐらいなら大丈夫だと思った」とわけの分からない供述をしている。

なお、同海域には無数の似たような遺体が山のように転がっており、同警では関連について詳しく調べる方針だ。

(写真・在りし日のマリオ氏〔増殖中〕)

11月26日

最新の世論調査によると、自由の女神のうち5人中4人は自分の立場が不自由だと感じていることが分かった。
これは、全世界の自由の女神(自称含む)5人に街頭で回答を求めたもので、「不自由である」と答えたのはアメリカ・ニューヨーク在住の自由の女神さん唯一人だったが、フランスの自由の女神さん他3人は「どちらかといえば不自由である」と回答したという。
なお、唯一人「自由である」と答えたのは、新宿区歌舞伎町勤務の通称自由の女神さん(22)で「キャーハッハッハ」という高笑いと共に夜の街に消えていったという。

11月15日

「ドッジボールなぶり殺し事件」で有罪が確定

会社の休み時間に行われたドッジボールで、内野に敵を一人だけ残した状態でパスを回し続けて東京都の会社員・浦田信輔氏をなぶり殺しにしたとして、95年に殺人未遂の罪で逮捕された会社員のうちリーダー格の服部幸雄被告の上告審が14日、最高裁第一小法廷で開かれ、懲役3年の実刑とした一、二審判決を支持、上告を棄却した。
服部被告は以前にも草野球中に一、二塁間でランナーを挟んでなぶり殺しにしたとして執行猶予付きの懲役2年の判決を受けている。

11月7日

キアヌ・リーブス主演の映画「マトリックス」の第3作目が5日、世界62カ国、約120都市で同時刻から一斉公開された。過去2作はいずれも大ヒットで、今作のヒットも疑いの余地の無いところだ。
この第3作目は「マトリックス ネオの柴又慕情」と銘打たれ、過去2作よりさらに人情味あふれた作品に仕上がっている。

製作指揮をとった山田洋次監督は主演のキアヌ・リーブスの魅力を「草団子のような柔らかさと、柴又せんべいのような頑固さ」と語り、下町人情ものには欠かせない俳優だと称賛をおくる。
習得に3日間を費やしたという江戸弁も「下町っ子より下町っ子らしい」(70代・男性)と呼ばれる域に達しており、顔つきもよく見るとアジア系に見えてくるから不思議だ。

さらにマドンナ・トリニティ役を務めるキャリー=アン・モスの演技にもさらに磨きがかかっており、「前2作とは艶っぽさが段違いだ」とまで言われている。

ハイライトとなるのはもちろん、タコ社長ことスミスとの口論のシーンだ。
今回さらに大量に増殖したスミスとネオの20分に及ぶ印刷屋経営会議シーンは、「ファックユー!」が合計340回も飛び交うという過去に類を見ない壮絶なものとなっている。
CGもふんだんに駆使されたこの経営会議シーン。ファンならずとも必見だ。

「マトリックス ネオの柴又慕情」は、全国240の駄菓子屋で絶賛公開中!お楽しみに!

10月5日

警視庁田無署は4日、西東京市内の小学校の体育館に火をつけようとしていた練馬区在住・魔法使いの服部幸雄容疑者(82)を放火の現行犯で逮捕した。魔法使いの放火による逮捕者は今年で28人目。

魔法使いが犯罪を起こすケースは年々増加傾向にあり、今年だけでもザキによる殺人、アバカム、レムオルのコンボによる窃盗、ルーラによるキセル行為などの犯行例が報告されている。

またラナルータの過剰使用が引き起こした異常気象による農作物の被害、違法賭けパルプンテ問題、ミナデインを使用した集団いじめなどの社会問題も頻発しており、魔法規制の法整備も含めた早急な対策が急がれる。

10月2日

先月26日に発生したと見られていた十勝沖地震(最大震度6弱、M8.0・気象庁発表)は、北海道門別市の農業、服部幸雄氏の誤報であったことが1日、北海道警の調べで分かった。
道警は服部氏を任意同行し取り調べた上で、業務上虚偽罪の疑いで逮捕する方針。

道警によると、服部氏は26日午前4時20分ごろに「激しい揺れが起きている」と消防署に電話をし、それを聞いた消防署員が気象庁に地震の報告をしたという。
付近住民の間では、テレビに地震速報が流れた直後から「そういえば揺れてた気がする」という動揺が広がり、その幻想はたちまち北海道中に飛び火した。

今回の報告によって十勝沖地震の存在自体が消滅することとなり、被害状況などもすべて取り消されることになったが、いまだに「確かにうちの窓ガラスは割れてた」などと語る住民も少なくなく、この誤報によって残された精神的被害は非常に深刻だ。

9月24日

民間企業のサラリーマンやOLが昨年1年間に得た平均給与は、前年比6万2000円(1・4%)減の448万円で、5年連続でダウンしたことが22日、探偵ナイトスクープ・北野誠記者の調べでわかった。
なお来年の調査は桂小枝が担当する予定だ。

9月22日

警視庁三宅署は21日、伊豆諸島を許可なく横断しようとした台風15号を不法侵入の疑いで現行犯逮捕した。
台風15号は逮捕の際、最大風速25mで激しく暴れたため、警官3人と一般人2人が軽傷を負った。
三宅署では現在、動機などについて犯人から事情聴取を行っているが、「ビュ〜ン」などと奇声を発しながら体中から水分を放出するという理解不能な行動をとっているため、捜査は遅々として進んでいないとのこと。

9月10日

現在、地球に大接近している火星と月の密会が9日夜、日本各地で見られた。
週刊誌各誌では今年一番の大スクープだとしてその動向を厳重に見守っている。


(写真) 火星(下)と月(上)の密会の様子

7月3日

東京都の保谷市立みどり小学校は2日、3年3組の学級委員投票で1位が確定した服部幸雄くん(9)が、同職への就任を辞退する意志であると発表。波紋を呼んでいる。
同小学校では、今年から各学級の役職投票において全国初のインターネット投票を実施したが、2年次途中から登校拒否を続けている服部くんに不自然な投票が集中していた。

6月11日

携帯電話に広告を送る迷惑メールが問題になっているが、最近伝書鳩を使った新手の迷惑メールが急増している。
広告業者によって専門的に訓練された伝書鳩「Spam Pigeon」は、メールアドレスが書かれた南京豆を1つ食べただけで、そのメールアドレスの持ち主のもとに正確かつ迅速に飛んでいき、受信者の頭に向かって伝言メッセージ入りのフンを落す事が可能だ。
NTTドコモなどの携帯各社などは、「実害はない」として今のところ傍観する構えを見せているが、既に被害者の会が結成される動きも見えており、代表者は「きわめて憤慨している」とのコメントを発している。

4月16日

15日午後3時ごろ、西京信用金庫保谷支店に不審な男性グループ4人組が押し入り、店内を綺麗に清掃した後、逃亡した。
客、店員に怪我は無かった。

2月27日

26日午後3時20分ごろ、山陽新幹線岡山駅のホームにさしかかった広島発東京行き「ひかり126号」が、停止位置より100メートル手前で自動停車した。車掌が運転台を確認したところ、運転士が浴衣を着て2段ベッドの2階でぐっすり眠っていた。
運転士は、「新倉敷駅手前で眠くなり、入浴の後寝床に入った」と話しており、ひかりは約8分間(約26キロ)にわたり、運転士が熟睡した状態で走っていたことになる。最高時速は270キロ出ていた。

2月18日

今月5日から11日までの1週間に、全国で新たに約12万7000人のインフルエンザ患者が報告され、昨年11月からの今シーズン累計では昨シーズンの7倍以上の約25万7000人と記録的な数字となった。
この快記録達成に服部厚生労働大臣は「素晴らしい記録だ。インフルエンザウイルス関係各位におめでとうと言いたい。」と褒め称えた。さらに政府は、財団法人日本インフルエンザウイルス協会(JIVA)に対して、「インフルエンザの普及に一役買った」として、総理大臣特別賞の授与も検討中しているという。

2月14日

東京電力は13日、柏崎刈羽原発1号機(新潟県)の配管で、新たに20カ所の水虫を発見したと発表した。既に見つかったものを含めると、水虫の合計は24カ所、たむしは6カ所、外反母趾3カ所となった。
東京電力では投薬治療、竹踏み健康法などを配管にほどこし、治療に励む一方で、感染源と見られる刈羽原発の服部幸雄管理局長の水虫を徹底的に糾弾する方針だ。

2003年1月6日

正月をふるさとで過ごした服部さんたちのUターンラッシュは5日、ピークを迎え、各地で交通網などの混乱が相次いだ。

中央自動車道上り線では、小仏トンネル付近で東京都西東京市の会社員・服部幸雄(38)の運転する98年式・白のプリメーラを先頭に30キロの渋滞が発生。警察は服部容疑者をノロノロ運転で渋滞を引き起こした容疑で現在取調べを行なっている。

鉄道は、東海道新幹線、東北・上越新幹線などの上り線で、軒並み服部乗車率100%以上を記録。
特に、東京駅午後3時30分着の上越新幹線・はっとり203号は、服部乗車率202%を記録。車内の通路やデッキは、椅子に座りそびれた服部さんで溢れんばかりだった。

空の便は、羽田空港着のJAL、JAS、ANAの各便でハットリクラスがほぼ満席となり。羽田空港は、ふるさとから帰ってきた家族連れの服部さんたちで賑わった。

12月7日

東京大情報基盤センターの金田康正教授や日立製作所の共同研究グループは5日、円周率を小数点以下1兆2411億ケタまで求めることに成功したと発表した。
同グループでは、今年に入って新たな計算方式「ゆとり計算法」を導入。円周率を「およそ3」と考えた上で研究を続けていた。
金田教授は報道陣に対して、「思ったよりも『0』が多かったね」とコメントしている。

11月18日

岩手県雫石町で林業を経営している服部幸雄さん(51)は17日、作業中に林の中でクマに襲われたが、得意のパントマイムによる「死んだふり」を行なったところ、襲ってきたはずのクマが「おひねり」として鮭を2匹服部さんに献上したほか、その後まわりから集まってきた仲間のクマたちからもどんどんおひねりが投げ出され、一難を逃れた。
服部さんは「動物相手の商売のほうがオイシイ」と味をしめており、日本初の「山の大道芸人」に転職することを検討しているという。

11月8日

英航空大手、ブリティッシュ・エアウェイズの超音速旅客機コンコルドが大西洋上空でエンジ故障を起こしていたことが6日明らかになった。

同社によると、このコンコルドは3日のニューヨーク行きで、出発約1時間半後に4基のエンジンのうち2基のエンジンが疲労感と腹痛を訴え、ロンドンに引き返した。
しかしその後の検査で特に異常が発見されなかったため、2機のエンジンを直接問いただしたところ、両機は仮病を使っていた事を白状した。

同社は両エンジンに対して、「ジェット燃料がたっぷり入ったバケツをもって滑走路脇に立ち続ける刑」を課し、事態の収拾の図る模様だ。

10月29日

関東地方は28日、この秋一番の冷え込みとなった。
気象庁の気温体感観測係所属の観測員で、この道40年のベテラン服部幸雄さんによると、朝の気温は大体10.523度まで冷え込んだような気がしたとのこと。
なお、同係で観測歴2年の若手観測員は、当初「12度はあった」と主張していたが、その後の調べでサバを読んでいたことが判明し、検察は偽証の疑いで捜査を進めている。

10月17日

マイクロソフトは10月16日、メールソフトのOutlook Express 5.5に深刻なセキュリティホールがあることを公表した。
この問題は、メールの件名欄に「京」「極」「夏」「彦」のいずれかの文字が入っていた場合、メールの本文内容が、文庫にして約600ページ分の小説に紛れ込む
一部愛好家からは好評の声もあるが、大多数のユーザーは「メールの本当の内容が分からない」「長い」「犯人は関口だ」など不満の声が相次いでおり、マイクロソフトはメール内容をあらすじにまとめるなどの対応に追われている。

10月10日

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2002年のノーベルノーベル賞を、埼玉県在住の能辺留(ノウベ トメ)さんに贈ると発表した。なお、授賞理由の欄には「It is needless to say.」とだけ記されていたという。

9月28日

富士山は27日、山頂から8合目付近にかけて雪化粧したが、そのメイクが納得のいく出来ではなかったため、「猿の惑星」「メン・イン・ブラック」などを手がけたリック・ベイカー氏に特殊メイクを依頼。さらに肉体改造にも着手し、逆三角形の体も手に入れた。
そのため、山岳カメラマンや登山愛好者からは、「風情がなくなった」「登りづらくなった」などの苦情の声が殺到したが、子供たちには概ね好評のため、富士山は「しばらくは元の形態に戻る気はない」と、記者団に向かってにこやかに語った。

9月21日

NHK総合テレビの朝の連続テレビ小説「さくら」で、20日午前8時15分から15分間の放送時間に、新日本プロレスの木戸修VS越中詩郎の一戦が誤って放送されたことが分かった。
この試合は、16分40秒に木戸選手が「キドクラッチ」を決めて、決着が着いた。しかしそのため、放送時間内に試合が収まらず、視聴者からは「何で最後まで放送しないんだ」という非難の声が集まっている。
なおNHKは、放送されなかった「さくら 149話」を、テレビ朝日土曜深夜の「ワールドプロレスリング」内で放送すると発表したが、当日の試合展開しだいでは、途中をカットして放送する事も検討している。

9月3日

強い台風16号は、2日午前9時、父島の南約320キロの海上で、日本への不法入国を図ったとして警視庁に逮捕された。

7月30日

NASAは28日、2019年2月1日に地球に衝突する危険性があると指摘された小惑星について「その後の詳しい観測と計算の結果、衝突の危険性は回避された」とする声明を発表した。

NASAは、初期の軌道計算段階においてアスキー社製の「MSX2」を使用していたが、今年、SOTEC社製の「e-one」に変更して計算を行なったところ、そのような小惑星は存在しない事が判明した。

なお、日本の高名な天文学者、服部幸雄氏からは「ファミリーベーシックを使用して計算してきたところ、小惑星が衝突するべき地球は存在しない」という説も出ているが、服部氏が地球上で生存している事が目視によって確認されたため、学会ではこの説は認められていない。

7月11日

大型で並みの強さの台風6号は、10日22時ごろ、東京都内で行われる同窓会に出席するため、港区台場から上陸、同30分ごろ、新宿区内「サントリー居酒屋 味吉」に到着した。

同窓会は終始和やかな雰囲気で続いているとのことだが、その間、都心では観測史上最高の雨量を記録。台風6号が酔っ払っていくにつれて、風雨はさらに勢いを増しており、気象庁では厳重な警戒を呼びかけている。

6月13日

政府の「富士山ハザードマップ検討委員会」は12日、富士山が大噴火を起こした場合に想定される被害などを盛り込んだ中間報告書をまとめた。

報告書によると、噴火によって火山灰が目や鼻に入って健康被害を受ける人が1250万人、道路は14600キロが通行不能、逃げ遅れたAIBOの被害が500匹、オフサイド5割増、保険外交員の契約ノルマ8割増などとなっており、防災当局者や保険業界では警戒を強めている。

6月7日

NASAは日本時間6日午前6時23分、フロリダ州のケネディ宇宙センターから、スペースシャトル「エンデバー」を打ち上げた。

エンデバーには日本人宇宙飛行士5人が乗り組んでおり、シャトル内では「村づくり実験」の一環として、米作り、炭作り、和紙作りなどが、日本古来の伝統を重んじた手作りで行なわれる。

なお、この模様は、日曜7時の日本テレビ系列「ザ!鉄腕!DASH!!」で、順次放送される予定だ。

5月30日                                                   

[明日の天気]

北海道  晴れ
仙台   晴れ  時々  曇り
東京   晴れ  のち  曇り
名古屋  晴れ  かつ  曇り
大阪   曇り  又は  雨
福岡   曇り  及び  雨
那覇   曇り  いや  晴れ

(気象庁)

5月26日

気象庁が24日発表した1カ月予報では、W杯期間中は、試合開催地を中心に雨が多いとの報告を受けて、国際サッカー連盟(FIFA)は、来日する選手や監督の中に雨男が混じっているものとして捜査を始めた。

FIFAでは、数年前から雨男に対する対応が高まっており、アメリカ大会ではマラドーナ(アルゼンチン)の出場を停止するなど、さらに警戒感を強めている。

5月16日

東京大学の服部幸雄らの研究グループは、兵庫県で発掘調査を行なった結果、縄文時代後期の地層からキレンジャーのものと思われる化石を発掘したと発表した。
この発見が事実ならば、これまで弥生時代中期が初代だと考えられてきたゴレンジャーの歴史が大幅に書き換えられることになり、歴史家の間では、早急な二次調査を求める声が相次いでいる。

近年、「古事記」などで描かれているヤマトタケルノミコトが、「色違いの5人組=(ゴレンジャー?)」であったなどと表記されている奈良時代の文献なども見つかっており、今後の発掘には大きな期待が寄せられている。

5月12日

気象庁は10日、世界の天候に影響を及ぼす「エルニーニョ現象」が発生する可能性が高いとの見通しを発表した。

なお、本社の記者が気象庁の担当者に「エルニーニョ現象」についての説明を求めたところ、担当者は「知らない」と答え、さらに世界中の気象学者100人に説明を求めたところ、全員「(流暢な日本語で)知らない」と答えたという。

気象庁側は、「学者なら知っていると思った」と話しているが、学者サイドも「官憲なら知っていると思った」と話しており、「エルニーニョ現象」について誰も何も知らないということがほぼ明らかになった。

5月9日

6日の午後9時ごろ、文京区の後楽園駅付近の居酒屋で、「同僚が酒を大量に飲んで人が変わった」と通報があった。
警察が調べたところによると、人が変わったのは板橋区の会社員・服部幸雄さん(37)で、変化後は、カリフォルニア在住の主婦・ジュリー・クローンさん(25)に変わっていたという。

4月17日

16日未明、新宿発大阪行きの光速バスが消えてなくなったと、大阪府警に通報があった。
バスを運行している業者は、23時20分0秒に出発したバスが、23時20分1秒になっても到着しないのを不審に思い、23時20分2秒ごろに警察に通報したという。

その後の調べで、バスは光速バス専用道路の岐阜県関ケ原付近で突如として消えたことが目撃者の証言により明らかになった。
ある専門家筋では、「うっかり光速を越えてしまい、タイムスリップしてしまったのではないか」という意見も出ているが、確証が得られないため捜査は難航する見通しだ。

4月14日

12日午前10時41分ごろ、東海道新幹線の「ひかり146号」が、運転手のメイクが崩れた為に静岡県焼津市付近で一時停止。
化粧直しの後に運転を再開したが、30分程度の遅れが出た。

運転手によると、車内放送で「メイクさんはいらっしゃいませんか?」と呼びかけたところ、名乗り出るものがいなかったので、やむなく停車して、自分でメイクをほどこしたとのこと。

4月12日

厚生労働省は10日、今年の五月病対策についての見解を発表した。

ニュースリリースによると、今年は「四月型」の五月病が流行すると予想されるとのことで、早め早めの対策が重要になるという。

五月病治療の権威である服部幸雄教授は、具体的な対策として「酒の力で乗り切る」「あらかじめカレンダーを6月にしておく」などの方法を提示しているが、厚生労働省側は「社会的混乱が大きくなる」として、それらの方策には反対の姿勢を示している。

2月24日

手術中に妖怪に取り付かれたのは医療ミスが原因だとして、都内に住む男性が損害賠償を求めて争われていた訴訟の判決公判が23日、東京地裁で開かれ、服部幸雄裁判長は「手術する際に、お祓いや盛り塩をすべき義務を怠った」として、病院側に賠償金2千万円の支払いを命じた。

判決によると、男性は昨年9月、同病院で盲腸の手術中に、そこらへんに漂っていた「狐」に取り付かれ、「気持ちが悪い」「胃が痛い」「右ひじに違和感をかんじる」など様々なことを口走り、その言葉を信用した執刀医によって、胃の3分の1、右側の腎臓、右ひじ遊離軟骨など様々な部分を除去されたり、勝手に治療されたりしたという。

賠償を勝ち取った患者の男性は「体はスカスカになったけれど、心は満足しています。」と語り、除霊をおこなった織田無道氏、除霊された狐とともに喜びを分かちあった。

1月25日

雪印乳業の子会社の大手食肉メーカー「雪印食品」の関西ミートセンターが昨年10月、オーストラリアからの輸入牛肉約14トンを、グッチ、プラダなどのブランド物のバッグに見せかけ、全国の質屋に買い取らせていたことが23日わかった。
全国質屋組合連合会は、買取を行なった質屋に対して免許剥奪などの強い制裁を与えることを検討しているが、すでに消費者からは「牛肉を牛革と間違えるような鑑定人は信用ならない」と強い憤りの声があがっている。

1月22日

大学入試センター試験は20日、全国の会場で国語、理科、公民の試験が行われ、2日間の日程を終了した。
なお、レフト試験は26、27日に。ライト試験は2月2、3日に行なわれる予定で、外野系学科を志望する受験生にとっては、これからが正念場である。

2002年1月6日

お正月気分覚めやらぬ日本各地で、米国同時多発テロの首謀者とされるウサマ・ビンラディン氏を目撃したとする通報が相次いでいる。
札幌市では、雪だるまに押し潰されている姿が目撃され、青森市では、リンゴの初セリに飛びいり参加、中央自動車道中野トンネル付近では、Uターンラッシュにはまって路肩走行をした同氏が捕まっている姿が、大阪では、かに道楽の看板からカニ味噌を取り出そうとしている姿がそれぞれ目撃されており、未確認の分を含めると総勢約1000人にのぼると見られている。
警察では、パキスタン産の養殖物のビンラディン氏が、輸入された後に脱走して繁殖したのではないかとみており、輸入を行なったイスラム教関係者などから事情聴取を行なう方針。

12月30日

年末年始をふるさとなどで過ごす服役囚の保釈・脱獄ラッシュが28日始まった。今年は海外の情勢不安から、亡命を希望する囚人は例年より少ないようだ。
ちなみに新年のUターンラッシュの心配は全く無い模様。

12月25日

23日午前6時20分ごろ、海上保安庁の巡視船が奄美大島北西の日本近海で国籍不明の不審船が駐船禁止区域で停船しているのを確認、船舶免許証の提示を求めたが不審船は無視して発進し、制止しようとした巡視船と接触し、海上保安官3名に5日間の打撲傷を負わせた。
不審船は巡視船と接触後に自らイカリを降ろし、他の海上保安官に拿捕された。
海上保安官の取調べに対して不審船の船長は「ゴロー・イナガキ」と名乗っているとのこと。

12月22日

気象庁によると、東京都心で21日昼前、初雪が観測された。
これをうけて東京都では早速シベリア寒気団との、関東地方における今後の降雪の時期をめぐる交渉に入った。
都の関係者は「今年こそホワイトクリスマスを勝ち取りたい」と強い意欲を示しているが、寒気団の代表、モロトフ氏は、「クリスマスは息子と過ごす事にしてるんだ」と語っており、交渉は難航が予想される。

12月19日

米国の映画製作会社、ドリームワークスは、NHKとの合作によるサスペンス映画「紅白歌合戦」の製作を発表した。
ストーリーは、紅白歌合戦への出場権をめぐって各歌手が様々な陰謀を張り巡らすというもの。
気になるキャストは、和田アキ子役にキャメロン・ディアス。北島三郎役にロバート・デ・ニーロ。えなりかずき役にハーレイ・ジョエル・オスメントなど、そうそうたるメンバーが揃っている。
監督を務める「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミは、青白い顔で座っていたNHK関係者をよそに、「紅白出場者選考の裏側を余すところなく表現してみたい」と意欲的な発言をみせた。

12月12日

厚生労働省健康局は11日、記者会見において「今年の風邪に関する調査」の報告を行った。
それによると、今年の風邪は『E+』という評価で、これは例年に比べてかなり低い評価となっている。
これを受けて公正取引委員会では、いわれのない誹謗中傷で風邪の菌が社会的に傷つくのを防ぐため、広告やCMなどで「今年の風邪はタチが悪い」などと宣伝することを禁止する通達を各企業に送った。
ちなみに厚生省が同時に発表したところによると、今年の風邪には首にネギを巻く行為は全く効かないことのこと。


「今年の風邪に関する調査」調査方法
・各地方の風邪菌20万匹に対する聞き取り調査(有効回答率82%)
・風邪菌解剖による調査
・勘

11月10日

自衛隊の対米軍後方支援に先立ち、情報収集を目的とした海上自衛隊の遣唐使船艦隊3隻が9日朝、インド洋に向け、大阪府の堺港から出航した。
活動期間は約2ヶ月間で、インターネット、忍者、伝書鳩などを利用した、ありとあらゆる情報収集活動を行う予定だ。

11月7日

タレントの森田和義さん(本名・タモリ)が、ゴルフをプレー中に友人が打ったボールが左目の近くに当たり、ケガを負った。
なお、愛用のグラサンは、飛んできたボールをとっさに避け、無事だった模様。

10月28日

米大リーグ・シアトルマリナーズのイチロー選手は26日、政府が検討していた国民栄誉賞授与について辞退する意向を申し入れた。
しかしイチロー選手は、辞退の理由について黙秘を続けており、公安当局筋は、この件についての取調べを強化することも検討しているという。

10月13日

東京都中央卸売市場食肉市場に持ち込まれた牛1頭が1次検査で狂牛病に感染した疑いが出ていたことについて12日夜の2次検査で国立畜産大の服部幸男教授が確認をとった結果、この牛は感染していないことが判明した。
狂牛病は、タンパク質性感染粒子「プリオン」が原因で発症するとされているが、今回感染が疑われた牛には、低燃費ハイブリッドシステム「プリウス」に感染している疑いが改めてかけられている。
「プリウス」に感染した牛は、呼吸時のCO2排出量が、従来の2分の1で済み、環境にも非常に良いとされている。

10月11日

王立スウェーデン科学アカデミーは10日、今年のノーベル化学賞を名古屋大大学院理学研究科教授の野依良治博士(63)に授与すると発表した。
受賞理由は、「焼酎のお湯割りの最適分量の発見」。
野依教授は1966年に、ほかの研究の打ち上げの際、飲み屋をはしごしたその5件目の2杯目のお湯割りを飲んだ瞬間に「これだ!」と閃き、その足で論文を書き上げ、学会に発表したところ大ブーイングを浴びたが、その苦労は今回の受賞で報われることとなった。

10月5日

3日未明、東京都西東京市の市道の交差点で、運送業、安藤幸太郎さん(40)の運転する大型トラックとラジコンカー(アバンテ)が正面衝突し、50m手前でラジコンカーを操縦していた服部幸雄さん(24)が全治2週間の重傷を負った。安藤さんは奇跡的に無傷だった。
警察では、服部さんがケガをした理由について徹底的に追及する方針。

10月3日

1日夕方、東京都豊島区、池袋駅前のマクドナルド東口店で、ハンバーガーを注文した男が平日半額サービスを強硬に拒否していると、従業員から池袋署に通報があり、急行した警察官が、練馬区在住の服部幸男容疑者(24)を恐喝の現行犯の疑いで逮捕した。
服部容疑者は取調べに対して「何故65円を払わせてくれないんだ!」と意味不明なことを喋っているという。

9月30日

解説[タリバン]

アフガニスタンであんみつ作りを楽しむ主婦の勢力。アラビア語で「甘党」の意。
そのあんみつ作りの腕は、京都の老舗甘味店の料理人をもしのぐとされている。
「世界は、あんみつにより始まり、あんみつにより1つになる」という古来からのあんみつ絶対思想を強く世界に訴えているが、スペイン系のエスニック料理、または四川料理を好む地域などでは根強い反発も起きている。
なお、同組織内では現在、伝統的な「みつ豆非容認派」と、革新的な「みつ豆容認派」に分裂する傾向が見られており、連日カンダハルのキッチンスタジアムで、両派による激しい料理バトルが起きているという。

9月21日

関東地方上陸の恐れがあった台風17号は,気象庁との2日に渡る交渉が成立し,東の海上にそれ,上陸の恐れはなくなった。
契約の条件は「暖冬」だったとの推測が有力だが,一部消息筋では,「サーファー500人」だったという情報も流れており,警察では全国のサーファーに,高波に注意するように呼びかけている。

9月19日

18日、東北大学の服部幸男教授らの研究グループが「宇宙の起源は、1つのルービックキューブにある」と言う説を発表し、物議をかもしている。
報告書によると、「空間上に自動的に回転していたルービックキューブが偶然完成してしまったことによって、中に閉じ込められていた宇宙が膨張を始め、キューブを崩壊させて(従来ビッグバンといわれてきたものと推測される)さらに膨張を続け、現在に至っている。」とあり、かなり前衛的な意見であることが見て取れる。
同時に公表された「ルービックキューブに興じている人の98%は、映画『E.T』を見て、感動したことがある、という人ばかりだ」という調査結果には、さすがの「ビッグバン起源説」派も動揺を隠せない様子で、今後、この論争はますます激化していくことが予想される。

9月11日

解説[冷戦ごっこ]

最近、関東地方の小学校を中心に静かなブームを呼んでいる遊び。
基本的なルールは、「東」と「西」の2チームに分かれ、全員でにらみ合うというもの。
両チームは、巨大な「水ふうせん」を所持しており、相手が手を出してきた場合には、投げるしぐさをして威嚇することができる。
卒業までに決着がつかないこともしばしばだが、基本的には、東側が給食の平等分配などでもめて、自滅するケースが多いようだ。
来年、初の全国大会が開かれることが決まり、ブームがますます加熱することが予想される。

9月5日

富士山測候所は4日、富士山山頂で初雪を観測したと発表した。
これは平年より375日早く、昨年と同日だった。

9月3日

NASA(アメリカ航空宇宙局)は、次期主力宇宙食として、明治製菓の「カール(チーズ味)」を採用することを決定した。これは、日本製のスナック菓子では史上初。
専門家筋は、「その形状に、未知の惑星や宇宙本来の形を見たのではないか」と話している。
なお、うまい棒(なっとう味)は、10年連続で選にもれた。

8月31日

宇宙開発事業団(NASDA)は、次期主力ロケット「H2A」の1号機の打ち上げに成功した。
同時刻、東京、多摩川の河川敷では、次期主力ロケット花火「ジュピーターゴールド」の打ち上げに失敗し、近くの配管工、服部幸男さん宅に引火、全焼する騒ぎになった。
服部さんは、事前に避難していたため、難を逃れた。

8月29日

総務省は28日、7月の労働力調査結果を発表した。完全失業率は5.0%、就業率は95.8%で、合計が5年ぶりに100%を超える結果となった。
総務省は、余剰分0.8%は「霊的なものと、地球外生命体ではないか」としているが、さっそく大槻教授から「プラズマではないか。」という反論が寄せられており、今後、議論が広がる様相を見せている。

8月27日

人気アイドルグループ「SMAP」のメンバー、稲垣吾郎容疑者が道路交通法違反と公務執行妨害、及び傷害の疑いで逮捕された事件で、同容疑者の所属するジャニーズ事務所は、稲垣容疑者を下部組織「TOKIO」へ降格すると発表した。同時にTOKIOからは厳正なるじゃんけんの結果、国分太一がSMAPへ昇格する見通し。

[ジャニーズ簡易組織図]
上位   SMAP⇔TOKIO⇔V6⇔嵐⇔ジャニーズJr   下位

1年間を通しての活躍度が高かった1名が上部組織へ格上げされ、活躍度の低い1名が下部組織へ陥落する。引退などの場合は適宜補充する。
なお森且行は「永世SMAP」の称号をもつ

8月26日

23日、LOGIC&MATRIXで第2回ネット漫才師日本一決定戦の結果が発表された。
表彰式にはあの小泉首相も駆けつけ、会場は一時小泉ファンのおばちゃんの声援で騒然とした。
なお表彰式には田中真紀子外相も駆けつけたが、こちらは「優勝者は誰だか存じませんが・・・」と相変わらずの狼藉ぶり。
なお結果は上記のサイトで閲覧することができる。

お題「ネット漫才の結果が発表されました。」
お題提供 遊星様

8月24日

国土交通省が調査したところによると、この夏のお盆に丑の刻参りに出かけた人は5304人に上り、江戸時代の嘉永5年(1852年)に記録した5198人を149年ぶりに上回った。
丑の刻参りに出かける人数は、江戸時代後期以降は減少傾向になり、1962年には1324人の最小記録を記録したが、ここ数年の不景気で爆発的に増加し、今年は去年の実に30%UPとなった。
ここ最近の呪いをかける相手の上位は、気に入らない上司、イチャついているカップル、叶姉妹などとなっており、やはり世相を反映した結果となった。

8月22日

大型の台風11号は、21日午後7時すぎ、和歌山県南部の串本町付近に上陸した。
台風11号は、今日は同町内の旅館で一泊して、明日の朝一番の新幹線で、関東地方に向かう予定。

8月10日

警視庁は9日、都内に住む魔法使い、服部幸雄容疑者(22)を呪文法違反の容疑で逮捕した。
服部容疑者は、蘇生呪文「ザオリク」を、警察の許可を得ずに、8日に病気で死亡した実父に使用した疑いがもたれている。
服部容疑者は「悪気はなかった」と警察に話していると言う。なお、復活した容疑者の父親は、警察病院で「ザキ」によって安らかな眠りについた模様。

解説「呪文法」
呪文による国民の被害を最小限に治めるための法律。
攻撃呪文の全面禁止。回復系呪文は認められているが、蘇生系呪文は倫理的観点から禁止されている。
最近では、「アバカム」使用による窃盗事件、「ラナルータ」使用による天変地異などの問題も起きている。

[社会] 8月7日

現代のアリの生態に微妙な変化が起きているという研究結果を、6日、日本昆虫学会の服部幸男教授率いる研究グループが発表した。
砂糖を入れた皿と、プロテインを入れた皿を一匹のアリの近くに置いたところ、そのアリは迷うことなくプロテインの皿の方へ向かったというのである。

服部教授はこの原因について、「自然界の弱肉強食化が進み、ついにアリまでも筋肉武装せざるをえなくなったのではないか」と語っている。
事実、中国では、未確認ながら「アリの体内から、筋肉増強剤『アナボリック・ステロイド』の陽性反応が検出された」という報告も出されており、足が異常に太いアリも発見されているという。

これらの実験結果によって「アリは甘いものによくたかる」という固定概念は、もはや過去のものとなったと言うことができそうだ。



お題「プロテイン」
お題提供 マサ辻様

8月2日

夏の風物詩「チューペット」に抗ガン作用があるということが、日本薬理学会の研究結果より明らかになった。
この研究の指揮をとった服部幸男教授によると、「チューペットを1日に5本投与した患者と、全く投与しなかった患者では、ガン細胞の患者への態度が全く違う」と語り、ガン細胞がチューペットに病みつきになっている実態が浮き彫りになったと言う。
服部教授は、チューペットが融けている状態と凍っている状態での効果の違いも調べたいとしている。

お題「チューペット」
お題提供 綾辻様

7月29日

文部科学省は28日、「子供の好きな遊び」に関する調査の結果を発表した。
報告書によると、今年の調査で、好きな遊びを「蹴鞠」と答えた子供はついに0人となり、約1300年前に初登場して以来、初めてランキングから姿を消すこととなった。
なお、1位は「テレビゲーム」で、こちらは相変わらずの狼藉っぷりを示した。

7月26日

最近「Sircam(サーカム)」と呼ばれる新種のコンピューターウイルスの感染が拡大しており、パソコンユーザーをおおいに喜ばせている。
このウイルスに感染すると、コンピュータ内のファイルが綺麗に整理整頓されたり、アプリケーションソフトが勝手にバージョンアップされているなど、「いいことづくめ」(24歳プログラマー)だという。
ソフトウェア開発会社が感染防止を呼びかけてはいるが、この「Sircam」ブームはまだまだ収まりそうにない。

7月24日

火山予知連絡会の服部幸男教授は、オフサイドと噴火活動に因果関係は認められないという研究結果を発表した。
服部教授らの研究グループは、富士山に程ちかいサッカーグラウンドで、「ギリギリオフサイドのスルーパス」などの実験を約10万回おこない、富士山の火山性微動などの回数を調べたが、さしたる変化はみられなかったという。
最有力学説だといわれた「オフサイド−噴火説」が消えた今、火山予知の研究は振り出しに戻ったといわざるをえないようだ。

7月17日

外務省を舞台にした不正事件を調べている警視庁捜査2課は16日、昨年7月の九州・沖縄サミットで大量の3時のおやつ代を水増しし、実際に食べた分との差額代金約620円をだまし取ったとして、詐欺容疑で外務省経済局課長補佐服部幸男容疑者(8)ら4人を逮捕した。
警察側は、上司の目を盗んでカールをつまみ食いした容疑も含めて、事件を徹底的に追及する方針だ。

7月5日

気象庁は4日、関東地方から九州にかけて猛暑が続いているのを受け、梅雨前線に対して「雨を降らさないのは契約不履行ではないか」として、早急に2か月分の雨を求める訴訟を起こした。
訴状によると、梅雨前線には「暑さにのた打ち回る人間を見て楽しむために、意図的に太平洋高気圧を日本列島におびき出している」という疑いをかけられている。
これに対し梅雨前線側は「相手側の対応に非常に驚いている。我々は涼しいシベリアで、ちょっと長めのバカンスを取っていただけだ」とコメントしている。
なお、梅雨の中休みは6日まで続くと見られ、週末は全国的な梅雨空になる模様。

6月30日

25日に北海道で起きた、航空自衛隊戦闘機が大量のピーナッツを誤射した事故は、同機に搭載されている「梅垣義明(ワハハ本舗)システムのトラブル」が原因だった可能性の高いことが30日、航空自衛隊の事故調査委員会の調べで分かった。
戦闘機のパイロットは、「シャンソンを口ずさんでいたら、突然鼻からピーナッツを打ち出した」と答えており、これをうけた中谷防衛庁長官は、「鼻歌はできるだけ演歌に」という原則を徹底するように指示した。
さらに、一部の戦闘機につけられている「水戸泉(元関脇)システム」に対しても、チェックを徹底するように指示した。

6月26日

今、市場では「森善朗元首相」が、一部マニアの熱狂的な支持を受け、森氏の中古価格は上昇する一方だ。総理辞任直後は、3000円前後だった森氏も、今では3万〜4万で取引されている。しかしそれでも品薄が続き、偽造森首相販売や、ネットオークションでのトラブルが後を絶たないという。
この一連の森人気は、「小泉首相がまともなことしか言ってくれない」などの声に代表される「政治系お笑い」のネタ不足から来ていると見られており、この人気はまだしばらく続きそうだ。

6月24日

文化庁は、23日。イマジニア社製のファミコンソフト「松本亨の株式必勝学」を国宝に指定すると発表した。
なおゲームソフトの国宝への指定は、「たけしの挑戦状」、「スペランカー」、「燃えろプロ野球」以来4本目となり、当初から叫ばれていた「クソゲー優遇化」がよりいっそう進んでいる模様だ。

お題 「松本亨の株式必勝学」
お題提供 遊星様(2回目)

6月22日

青森県の会社員、服部幸男さんが、世界初の1ヶ月以上無断欠勤状態でのエベレスト登頂に成功した。
服部さんは、4月の終わりごろから会社を無断で休み始めて、エベレスト登頂に備えていた。
会社側では、服部さんがまったく出社してこないのを不信に感じて、実家へも電話をかけたが、実家側も、最後まで居留守を決め込み、今回の大記録達成となった。

会社側のコメント「ボーナスカット」

6月12日

11日午後6時ごろ、西武池袋線の急行池袋行きが、おなかを空かして線路上に立ち往生し、最大で10分の遅れが出て、通勤帰りの乗客3万人の足に影響した。
警察では、西武鉄道側が経費削減のために行なっていた、「電車のえさ代30%カット」が原因ではいないかとし、全ての車両の健康診断を行なうことを西武鉄道側に指示した。

6月7日

気象庁は6日、関東地方と東北の南部が梅雨入りしたとみられる、と発表した。
気象庁と、梅雨の元締めである「梅雨前線」は、早速交渉を行い、今年の関東地方の梅雨明けは7月25日に決まった。
梅雨前線は当初「たまには8月まで留まらせてくれ!」と要求したが、最終的には、台風を平年より2つ多く上陸させるという条件で合意した。

6月2日

東京電力は1日、刈羽村の住民投票結果を受け東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で7月実施予定だった「プルサーマル」計画の見送りを正式決定した。
プルサーマルは、従来のウラン燃料に代わって「プルトニウム」と「くさやのひもの」を混ぜ合わせた燃料で発電を行なう方式で、 発電所側は「使い終わったくさやは住民にふるまうので、環境にもいい」としていたが、周辺住民は「操業中のにおいの問題が解決されていない」として、反対運動を続けていた。
これに対して一部のくさや愛好家は、「あの香ばしいかおりはクセになる」と語り
プルサーマル招致運動を続ける方針だ。

戻る